大阪で一級建築士の設計事務所をお探しなら栗林賢次建築研究所へ

建築事例

みなさまへ

この度は、私共のホームページにお越し頂き誠にありがとうございます。これも些細なご縁ですが、大切なご縁だと思っています。なぜなら、建築の仕事はご縁そのものだからです。私の古き良きごといえば、子供の頃、おばあちゃんの家の縁側で、近所の人がふらりと来て始まる、お茶とお菓子とおしゃべりの情景が蘇ります。そのほっこりとした笑顔の記憶は、時に一緒に建物や住まいづくりをさせて頂いたクライアント様の笑顔と重なることがあります。その時ほど仕事冥利に尽きることはありません。私共のチームもご縁で繋がった仲間です。私たちは建築をとおして、このご縁を大切に育んできました。そして少しずつですが確かな信頼を頂いてきたのではないかと思っております。私どもには、その為に必要な大切な思いが3つあります。

注意深く、用意周到でなければ質の高い建築はできない。
気配りや思いやりがなければ健康で幸福感ある建築はできない。
建築への素直な眼差しがなければ人を感動させることはできない。

どれも「言うは易く行うは難し」ですが、気のおける仲間と共に日々悩み、そして楽しく励みながら、皆様からのご縁をお待ちしております。何卒宜しくお願いします。
栗林賢次建築研究所 代表 栗林賢次

illustration©小島 千里

ごく普通の家族が、ごく普通の自然素材の家で健康で快適に暮らせる家
どこか愛らしい外観に包まれながら、暮らし方にあわせて間取りが変わる家
高い断熱性能により、省エネルギーで将来安心して住まい続けられる家

© Kenji Kuribayashi Architect&Associates