鶴が丘の家

Function

Location

Floor Area

Structure​​

住居

大阪府大阪市

99.16m²

地上3階建 / 鉄骨造​​

東入りの間口4m、奥行14.7mで他3方を隣家に囲まれた狭小敷地で、大切な人との交流の場に相応しい住まいを形にしたS造/3階建住宅です。3層共東西面を開放した筒状空間により通風や日照を確保し、端まで通る視線により物理的な狭さを感じさせません。南北の外壁は内張り工法により、敷地巾4mに対して3.6mの建物内法寸法を確保しました。ファサードは構造柱の存在を感じさせない見付50mmの細い枠で縁取りし、2階の植栽スペースとなっているテラスをステンレス角パイプのルーバーで構築する等、狭小敷地の窮屈さを払拭した軽快なイメージにまとめました。玄関では、西側奥の坪庭が訪れる人を招き入れ、2階のリビング/ダイニングに皆が集い、3階にゲストルームと住まい手の寝室を配した構成で、招き→くつろぎ→休息というもてなし空間で人心を紡ぎながら、分断しがちな上下層にも連続性を与える住空間になっています。

栗林賢次建築研究所 一級建築士事務所

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-1-20 三ツ星ビル3F​​

tel

. 06-4963-3190

fax. 06-4963-3193

© Kenji Kuribayashi Architect&Associates

06