ケマハウス

Function

Location

Floor Area

Structure​​

住居

大阪府大阪市

97.23m²

地上2階建 / 木造

北入りで他3方を隣家に囲まれた敷地で、4軒長屋の2軒分を取壊し建替えた、夫婦と子供の4人家族の住宅です。良好な採光/通風の確保と淀川の洪水への備えから、2階を家族が集う生活の中心的空間(居間、DL、子供用勉強スペース他)とし、その上下階に家族個々の生活空間(各寝室、浴室他)を階段室で連携した構成で、2方向避難を確保した住宅です。災害時のリスク軽減と復旧の速さ、光熱費削減、火を使わない安心感が老後の安全な生活の担保にもなることからオール電化を採用し、キッチンを中心としたオープンで物理的な狭さを感じさせない明るく快適な室内環境を実現しています。老後を見据え、1階の収納室の一部を改装してミニキッチンを導入することで、1階である程度の生活が完結できるよう想定し、更に階段に昇降リフトを取付けられるよう、踊場を確保した直階段する等夫婦の老後の体調や家族構成の変化に対応できる配慮をした住空間です。

栗林賢次建築研究所 一級建築士事務所

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-1-20 三ツ星ビル3F​​

tel

. 06-4963-3190

fax. 06-4963-3193

© Kenji Kuribayashi Architect&Associates

01