住居

神奈川県横浜市

193.87m²

地上2階建 / 木造

大竹 静市郎

Function

Location

Floor Area

Structure

​​photo

磯子の家

住処(すみか)という言葉には、住まうことの根源的意味と、囲われた安心感、1人ではない連帯感のようなものを感じることができるのではないでしょうか。磯子の家ではこのような閉鎖性の心地良さや、快適な住環境の為の開放性を兼ね備えた2世帯住宅を提案しました。閉塞的な北側壁面ですが、1.9m角の玄関の開口部を内部側に1.5m程パースペクティブに凹ませた造形で、壁面全体が庇の役目も兼ねた軒下空間になっています。逆に内部は南側に開放された明るい空間で、1階に皆が集まるリビング/ダイニングを大きな一室(20畳)とし、それに平行にキッチン/ユーティリティー(浴室、洗面脱衣、洗濯等)を配して、短い動線で家事が完結できるようにしました。又1階の西側に老夫婦の寝室、2階の東側(リビングダイニングの上階)に若夫婦家族の部屋群を配して、家族の部屋が上下階で重ならないよう、家族間のプライバシーにも配慮しています。

栗林賢次建築研究所 一級建築士事務所

〒541-0041 大阪府大阪市中央区北浜1-1-20 三ツ星ビル3F​​

tel

. 06-4963-3190

fax. 06-4963-3193

© Kenji Kuribayashi Architect&Associates

05